面接のコツ! ~合格するためのポイント~

面接のコツ! ~合格するためのポイント~ イメージ
「群馬介護求人センター」の橋本です!
群馬県周辺で医療・介護・福祉専門で
転職支援サービスを行っております!
転職をお考えの皆様へ、耳より情報を
お届けしています!

 

面接の必勝法…

 

質問の意図を理解し、回答すること!

 

面接では、
「志望動機は?」「転職理由は?」「強みは?」など
さまざまなことが質問されます。
しかし、面接官が面接で確認したいポイントは極論、
二つしかありません。それは
「自社での活躍が期待できる人物なのか」
「自社で長く働き続けてくれる人物なのか」
この2点を確かめることが、面接が行われている
理由であり、面接におけるすべての問いかけに
共通する意図だと言ってもいいでしょう。
このことを理解し、すべての質問に対して
説得力のある回答を出すことができれば、
面接の合格率はグンとアップするはずです。

 

例えば、志望動機に関する質問で高評価を得る為には、
「他社ではなく自社を選んだ理由」を可能な限り
明確に示すことが求められます。
その理由が明確であるほど、面接官は
「この人なら長く勤めてくれるであろう」と
イメージがしやすくなるからです。
面接は一方的に自己PRをする場ではありません。
「自社での活躍が期待できる人物なのか」
「自社で長く働き続けてくれる人物なのか」
確認したいという面接官の質問意図を理解し、
適切な回答ができるように準備をしておきましょう。

 

あなたは当てはまっていませんか?
面接で不合格になる人の特徴

自分の実績やスキルを一方的にアピールする

一方的な自己アピールは、面接官の質問意図を
くみ取れていない不適切な回答である上に、
コミュニケーション能力の欠如として捉えられ、
マイナス評価につながる可能性もあります。

転職理由がネガティブなものに終始している

転職理由を聞かれて、
「待遇に不満がある」「勤務時間が長すぎる」
「人間関係に問題がある」などといった
ネガティブな回答をする人は少なくありません。
現職に不満があるのは事実なのでしょう。
しかし、「自社で長く働き続けてくれる人物なのか」を
確かめようとしている面接官に対しては、明らかに
不適切な答えとなります。なぜなら、
「採用しても不満ができたら辞めてしまうのでは?」と
いう不安を与えてしまうからです。

身だしなみやマナーの悪さで不合格になる場合も

応募している企業や面接官によっては、
身だしなみやマナーをとても重視している場合が
あります。
「ひげを剃ってこないのは社会人として問題と感じた」
「袖口が汚れていて、不潔な印象を受けた」
「面接官が入室しても椅子に座ったまま挨拶をした」
という理由で、面接に不合格になったケースが
実際にあるのです。
身だしなみやマナーが、面接の重要な評価ポイントで
あることを押さえておきましょう。

 

群馬介護求人センターでは、以下のような
様々な案件を掲載しております!

「週休2日、週3以内可、短時間・扶養内、
日勤・夜勤のみ、未経験歓迎、曜日相談可、
年休110日~、残業月10H以下、託児所、
Wワーク可、賞与・昇給あり、正社員登用、
資格取得支援…など」

 

あなたに合った求人情報をお届けするために、
無料の転職相談も承っております。
お申込みはこちらから!

☝「お仕事相談お申込みフォーム」ボタンを
クリックしていただき、
お名前・ご連絡先・ご年齢等の入力を
お願い致します😄
こちらからご連絡させていただきます👍🏻

お役立ち情報の一覧へ
群馬介護求人センターでは、群馬県全域の求人情報を検索することができます。